体臭の原因を無くす洗濯方法

> > 体臭の原因をしっかり落とす洗濯法

体臭の原因をしっかり落とす洗濯法

「洗濯したのに、なんだか服が臭い・・・?」なんて経験ありませんか?服からする嫌なニオイは、他人からすればそのまま体臭だと思われてしまいます。正しいお洗濯のやり方でニオイを抑えましょう。

「洗濯してもカビくさい服」の原因と対策

洗濯ものからカビくさい嫌なニオイがしてしまうのは、間違ったお洗濯が原因だったんです。

  • 洗濯物がきちんと乾いていない
  • 洗い終わった衣類を洗濯機の中に放置している
  • 脱いだ衣類を洗濯機に入れて溜まったら洗っている
  • 洗濯機の中が不潔になっている

まず衣類からする嫌なニオイの代表、カビくさい「雑巾臭」がする場合です。空気中のカビや雑菌は濡れた場所でどんどん繁殖して、嫌なニオイを発するようになってしまうんです。

洗濯物が生渇きだったり、カビや湿気がある不潔な洗濯機の中に置いてしまうと菌が増え放題になり、ニオイが染み付いてしまいます。

菌が原因の嫌なニオイ対策には、とにかく菌と湿気のないお洗濯の環境を作ることです。

  • 洗濯機の中に衣類を貯めない
  • 洗濯槽クリーナーで洗濯機を清潔に
  • 抗菌・殺菌の効果のある洗剤で洗う
  • 服がカビくさくなってしまったら熱湯でニオイをとる
  • すぐに干してしっかり乾かす

これだけでもだいぶニオイをふせぐことができます。脱いだ衣類を入れるカゴを用意したり、洗濯機の中のカビや汚れをクリーナーでとり、日当たりや風通しのいい場所に物干しスペースを作るなど「菌が増えない環境づくり」をしてみましょう。

とくに洗濯機の中をきれいにする「洗濯槽クリーナー」の使い方・選び方にはコツがあるんです。

  1. 汚れが落ちるように40度くらいのぬるま湯を洗濯機に入れる
  2. 洗濯槽クリーナーを入れ2〜3分洗濯機を回し、ぬるま湯に洗濯槽クリーナーをよく溶かす
  3. 数時間放置する(つけおきしないタイプもありますので説明書に従って下さい)
  4. 洗濯機を回して洗濯槽クリーナーを洗い流す

水でもいいのですが、ぬるま湯のほうが汚れ落ちがよいといわれています。そして洗濯槽クリーナーにも選び方があって「家電メーカー純正品の2,000円前後の洗濯槽クリーナー」と「スーパーで数百円で買える洗濯槽クリーナー」には効果に違いがあります。

高くてもメーカー純正品のクリーナーの効果は高いと言われていて、カビや水アカなどニオイの原因をごっそり取り除いてくれます。一度純正品の洗濯槽クリーナーで汚れを落とした後、手軽に買える洗濯槽クリーナーをこまめに使うとカビがつかず、清潔な洗濯槽が保てるので、使い分けるといいですね。

さらに洗濯槽をきれいに保ちたいなら、お風呂の残り湯での洗濯は避けて、乾燥機ついているタイプならこまめに使って、洗濯機の中の湿気を無くすのも効果的と言われています。

種類にも塩素系と酸素系があり、洗濯槽クリーナーといえば塩素系が多数派です。塩素ガスを吸い込むと粘膜を傷つけたり、取り扱いに注意が必要な成分なため、小さいお子さんやペットがいたり、化学薬品に敏感なひとは成分のやさしい酸素系を選ぶといいかもしれませんね。

洗濯槽が清潔になったら、抗菌・殺菌作用のある洗剤を選ぶことも大切です。粉洗剤は溶けきらず残ってニオイの原因になりがちなので、ジェルか液体タイプを選ぶといいでしょう。

もうすでにカビくさくなってしまった衣類は熱湯につけて殺菌し、ニオイをとりましょう。シンプルな方法ですが効果的です。

ここまで対策してもまだ嫌なニオイがする場合、体臭が服にしみついて落ちていないのかもしれません。「体臭を落とすお洗濯」に次で触れてみましょう。

服についた体臭を洗濯で落とす

思春期の体臭・加齢臭・ワキガなど体臭にはいろいろありますが、共通しているのが「皮脂が酸化して嫌なニオイになっている」というところです。さらに「ケラチン」という肌の角質成分が接着剤のようになり、服と酸化した皮脂をくっつけてしまい嫌なニオイが落ちにくくなります。

このケラチンと酸化した皮脂よごれ、両方を落とさない限り洗っても服からニオイがし続けてしまいます。ではどうやってニオイを落としたいいのでしょう。

  • 体臭・加齢臭対策成分が入っている洗剤を選ぶ
  • 40度のお湯・酸素系漂白剤・洗剤を混ぜたものに30分〜2時間漬け込む
  • ドライクリーニングでしか洗えない服はなるべく着ない・洗濯機で洗える服を選ぶ

一番すぐ始められて効果があるのが、体臭対策の成分が入っている洗剤に変えることです。ケラチンと皮脂汚れを分解して、ニオイのもとを落としてくれます。菌が増えないよう殺菌・抗菌成分が含まれているものも多いので、ドラッグストアなどで探してみましょう。

洗剤を変えてみてもまだ臭い、という場合は服を「40度のお湯・酸素系漂白剤・洗剤を混ぜたもの」に30分〜2時間漬け込んで、ニオイの原因をしっかり落とす方法もあります。特にワキガ体質で服に黄色い汚れがついてしまう人は、衣類のシミ対策にも効果的な方法です。

服についた体臭の原因はタンパク質と皮脂なので、温度を上げて汚れを落ちやすくしたり洗剤を工夫することでだいぶニオイを落せます。ただ注意したいのが、ドライクリーニングではニオイは落としにくいということです。

誤解されがちですが、衣類のタグに表示されている洗濯表示マークの「ドライクリーニングマーク」は必ずそうしなくてはいけない、という表示ではなく「ドライクリーニングもできますよ」という意味ですので、水洗いができる表示の服は水と洗剤で洗いましょう。

ドライクリーニングしかできない服の場合、ワキの部分だけ水と洗剤で洗ってくれるクリーニング屋さんもあるので、近くのお店で探してみるといいかもしれませんね。

新しく服を買うときもよく洗濯表示マークを見て、気兼ねなく洗濯機で洗えるものを選びたいですね。

「菌を増やさない・ニオイの原因をしっかり落とす」この2つを徹底すればニオイはだいぶ落ちていくんですね。せっかくデオドラントやいい香りの柔軟剤を使っても、洗濯の方法が間違っていて嫌なニオイがしていたら台無しです。

ふわっといいニオイの洗い上がりを目指して、毎日のお洗濯を見直したいですね。


ページのトップへ