女子の体臭・口臭に関する彼氏の本音

> > 女子の体臭・口臭について彼氏の本音を聞いてみた

女子の体臭・口臭について彼氏の本音を聞いてみた

好きなひとの前ではキレイに魅力的でいたい、そう思ってオシャレしたり美容に気を使ったり、女性にとってキレイは真剣勝負ですよね。

でも鏡でチェックできないもの、それが「ニオイ」なんです。鏡に映ってる自分は完璧でも、実は気づかずいやなニオイをさせているかも・・・。彼氏や好きな人に「臭い」って言われたことないから大丈夫だよ、というひともいるかもしれませんが、実はあなたを気遣って言わないだけかもしれないんです。

男性は女性のニオイをあまり指摘しない傾向

2015年実施の15歳から29歳までの男女に株式会社マンダムが行った調査では、男性が「彼女のニオイが気になったことがある」と答えた割合は33%でした。若い男性の10人に3人は「あれ・・・なんか彼女が臭い・・・」と思ったことがあるんですね。

比較して女性は「彼氏のニオイが気になったことがある」と答えた割合は53%ほどで男性よりもずっと高い数字です。女性のほうが全体的にニオイの問題に敏感なことが伺えますね。

さらに踏み込んで「彼氏や彼女にニオイについて指摘したことがある?」という質問をすると、「指摘したことがある」と答えた男性は21%で、女性の36%を大きく下回りました。このデータを見ると「女性は男性よりニオイに敏感だけど、それを比較的本人に指摘する」傾向・男性は「ニオイが気になっても、あまり指摘しない」傾向が現れたんですね。

わかりやすく考えるために、この結果を男女20人ずつ40人のクラスで例えると「彼氏・彼女のニオイを指摘したことがあるひとはクラスの中で男子1名、女子4名」くらい男女の違いが出てくるんです。

クラスで7人の男子が彼女のニオイを気にしながら、指摘するのはクラスでたった1人くらいしかいないことになります。もし彼氏にニオイを指摘されたら、彼は「クラス一番の正直男子」かもしれませんね。

「彼女の体臭・口臭」への彼氏の本音は?

同調査で「彼女のニオイが気になったときの気持ちであてはまることは?」という質問でこんな男性の本音が浮き彫りになりました。

  • イライラする…男性53%/女性42%
  • かわいそうになる…男性48%/女性34%
  • 逃げ出したくなる…男性43%/女性30%
  • 別れたくなる…男性40%/女性22%
  • ショックを受ける…男性52%/女性37%
  • 付き合ったことを後悔する…男性39%/女性25%

この結果を見ると、彼女のニオイが気になったときに「ガッカリする気持ち」は男性のほうが強いことがわかりますね。特に二人の未来を決定づける「ニオイが気になったとき別れたくなる割合」は男性が女性の約2倍という衝撃の結果でした。

「女性はニオイを敏感で指摘するけど、嫌なニオイがあっても別れようとまでは思わない」傾向と「男性は嫌なニオイを指摘したがらないが、実は強いガッカリの感情を持っていて別れたくなりがち」という男女の差が現れました。

2014年マイナビニュース調べのアンケートで「男が女に抱きがちな幻想を教えてください」という質問を男性200名にしたところ、やさしさ、おしとやかさ、などの項目に並んで「いいニオイがするイメージ」という返答があったそうです。抱いていた夢のぶん「愛する彼女が臭かった」というガッカリの穴は深く、這い上がれないものなのかもしれません。

2つの調査から「彼女のニオイが気になったときの男性の本音」は大きく分けて3つのようです。

  • 彼女が臭いと思っても言い出せない
  • 「彼女が臭い」という現実を前に、心の中では「女の子はいいニオイ」という幻想が壊れてガッカリ
  • 彼女からする嫌なニオイに、正直ちょっと別れたい

口には出さないけど、実はガッカリな気持ちを胸に秘める「男心のデリケートさ」が浮き彫りになった結果ですね。

恋愛成就のためにニオイ対策しよう

デリケートな男性の本音が明るみになった調査結果でしたが、それを「ニオイが気になるなら言ってよ!勝手にガッカリしないで!」と怒っても、ガッカリするものは仕方ありません。まずは自分から嫌なニオイがしていないか、セルフチェックすることが大切です。チェック方法はこちらです。(01.自分でできる!におい別チェック方法へリンク)

毎日ちゃんとお風呂や歯磨きで清潔に、口臭の原因になる歯の病気はきちんと治療して、口臭・体臭対策しましょう。体臭のきつい「ワキガ体質」だとわかっている場合は、病院で相談してニオイ対策を始めるといいでしょう。ワキガの対策はこちらを参考にして下さい。(02.ツーンとした臭い!ワキガ対策へのリンク)

好きな人を困らせないために、メイクするように、彼と会う日に服を選ぶように、ニオイ対策も取り組みたいですね。

もし自分に嫌なニオイがあったとしても、それでも別れるという選択をしていない彼はあなたの別の良いところを見てくれているということ。「わたしって臭いんだ・・・臭いってことは彼は別れたいと思ってるんだ・・・」と落ち込んで暗くなってしまい、今ある魅力をなくしてしまってはそれこそ一大事です。

実は人によって「いいニオイ、臭いニオイ」は感じ方が違うものです。敏感な人もいれば気にしない人もいるので、嫌なニオイがあったとしても「私のニオイどう思う?」という二人の話し合いを一度は持ちたいですね。

今回のように「世の中ではこういう意見が一番多い」は参考に「自分の大事なひとはどう感じてどう思うか」こそ一番大切に、ニオイの問題を二人で乗り切りたいですね。


ページのトップへ