スメルハラスメントとは

> > 臭いで不快に!?スメルハラスメントとは?

臭いで不快に!?スメルハラスメントとは?

「職場で隣の席のひとの口臭がきついけど、一緒に仕事をする間柄だとなかなか言い出せない・・・」なんて経験ありませんか?

近年、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどといった職場でのハラスメント(嫌がらせ)に会社をあげて対策していく空気がありますが、ニオイがきつくて周りを不快にさせることをスメル(ニオイという意味)ハラスメント、略して「スメハラ」といいます。

体臭や口臭、きつすぎる香水の香りなど、不快に思うニオイ全てが対象とされていて、ニオイ対策もビジネスマナーのひとつになってきています。また会社をあげた取り組みもスメルハラスメント解決に効果的なんです。

体臭口臭だけでなく香水・柔軟剤もスメルハラスメントになる

スメルハラスメントの定義は、ズバリ「周りが不快に思うニオイを発していること」です。ハラスメント(嫌がらせ)という強い表現を使っていますが、パワハラやセクハラとは違い、無自覚に周りを不快にしてしまう点に、大きな違いと解決の難しさがあるんです。

まず不快なニオイと聞いて口臭や体臭が思い浮かぶのではないでしょうか。口臭・体臭・加齢臭はスメルハラスメントの中でも不快だと訴えるひとが多いニオイなんです。中年男性は体臭や口臭がきつくなるので対策してほしいという、男性に注意を促す目的でスメルハラスメントという言葉が誕生した歴史もあり、イメージしやすいニオイ問題ですね。自分がスメルハラスメントの加害者になっていないか、心配なひとは自分の体臭・口臭をチェックしてみましょう。(01.自分でできる!におい別チェック方法 へリンク)

さらに近年「中年男性の口臭体臭問題」から定義が広がり、男女関係なく、香水や柔軟剤や化粧品などの香りも不快なものはスメルハラスメントと捉えるようになりました。毎日同じ香りを身にまとっていると、香りに慣れて「あれ?なんだか香りが薄いかな?」と思ってしまい、きつい香りの自覚が無いまま香水をつけすぎたり、香り付き消臭剤を吹き付けすぎてしまうことがあるので注意が必要です。

そして、いい香りや不快なニオイの感じ方には個人差があり、ほんのりとした香りでも「この香水のニオイは鼻をつく感じでつらい」とか「柔軟剤のニオイが甘ったるく気持ち悪くて、お昼に席で食事が食べられない」と感じる人もいて、その香りは苦手だからお願いやめて!という意思を上手に伝えて、話し合うことが大切になってきます。

香水や柔軟剤の香りなどは誰かに香りを嗅いでもらって、きつすぎないか、不快だと感じないかチェックしてもらいましょう。柔軟剤は分量を守り、香水や香り付き消臭剤はプッシュする回数やつける場所を決めておいて、つける分量を増やさないという工夫もできますね。

会社をあげたスメルハラスメント対策が大切

スメルハラスメントがどういうものか触れましたが、一体どう対策したらいいのでしょう?個人でできるのは直接ニオイを指摘してあげるところまで。スメルハラスメントを本当に解決するには会社ぐるみの対策が大切なんです。

  • 個人的にニオイを指摘する
  • 職場をあげて「ニオイに気をつけましょう」という方針を出す
  • 業務上の注意として上司にニオイを指摘してもらう
  • 就業規則の身だしなみの部分にニオイ対策を明記する

社内の人間関係が良好で「⚪︎⚪︎さんニオイに気をつけてほしいんだけど・・・」と言える環境ならば、おそらくスメルハラスメントを解決するのはそんなに大変ではないはずです。まずは個人的にニオイを指摘できそうなら上手に伝えてみましょう。「どうやって伝えたら傷つけずに済むかな?」というヒントはこちらをチェックしてみてくださいね。(03.くさい!の傷つけない伝え方へのリンク)

ただ職場にはいろんな人間関係や立場があり、上下関係があって伝えるのが難しい・仕事では接点はあるけど親しくはない・関係が良好ではないなど、伝えるのが難しい相手が多いのも事実です。「口臭がひどいんだけど、この人立場が偉いから言い難いな」とか「香水がキツいって言いたいけど、いつも物言いが厳しい人だから怖くてとても言えないよ」など、直接伝えて仕事が不利になるような場合があるのも本当です。

スメルハラスメントの会社にとっての一番の損失は「業務の効率が下がる」ことです。いやなニオイの中、集中して仕事で良い結果を出すのは難しいですし、接客業や営業など、お客さんがニオイを不快に感じると業績に直結するお仕事もあります。

スメルハラスメントだな、と思った時は上司に「ニオイ対策をきちんとしよう」という方針を全員に伝えてもらうのも効果的。ニオイの問題に職場全体で取り組めば、ニオイ対策も仕事のひとつになりますし、ニオイを上司から指摘されたとしても「これは業務上の注意なのだから」と比較的傷つかず受け止めることができます。

ここまで対策をしてもまったくニオイ対策をしてくれず、あまりに不潔でニオイがきつく、クレームが発生していたり業務にひどく支障が出ている場合は「就業規則に体臭・口臭対策する決まりを追加してもらえるように会社や上司に提案してみる」という最後の手段も覚えておきましょう。就業規則に従わず、注意しても改善されない場合は、会社が悪質なスメルハラスメント加害者にペナルティを課すこともできる厳しい方法です。

今ある就業規則を確認して「職場にふさわしい身だしなみや服装や化粧にすること・清潔にすること」などすでにニオイ対策を含んでいる内容が書いてあれば、就業規則にのっとって会社から指導してもらえる場合もあります。とても厳しい方法ですが、上司も対策に困っているようなら提案してもいいかも知れません。一緒に働く仲間なので、できればそうなる前に穏便に解決したいですね。

ニオイ対策も大切ですが、ニオイを指摘しあえる人間関係良好な職場環境作りが何よりのスメルハラスメント予防になります。ニオイを指摘して改善してもらえれば、それはもうスメルハラスメントではありませんよね。

デリケートな問題である不快なニオイを指摘しあえるという事は、仕事の問題もいち早く指摘しあえる職場ということ。良好な職場の人間関係はスメルハラスメント対策にも、仕事そのものにも良い効果が期待できて一石二鳥かもしれませんよ。


ページのトップへ