口臭の原因と対策

> > どうしてくさい?口臭の原因とすぐできる対策法

口臭の原因ってなに?すぐに効果がある口臭の対策・改善方法まとめ

向かい合って話すとき「この人、口臭がひどくてつらい・・・」なんて思った経験、ありませんか?

顔を背けるのも申し訳ないし、息を止めてなんとか作った笑顔で会話を乗り切った事も・・・。

口臭は自分で気づきにくいニオイ問題なだけに「みんな気を使って言わないだけで、自分も口臭きつかったらどうしよう・・・」 と心配になってしまいますよね。

でも、仕組みを知って正しく対策すれば、ほとんどの口臭の悩みは改善できるって知ってましたか?

「口の中の環境を良くする」ことでニオイはぐっと抑えられるんです。

口臭の実態と原因を知ろう

口臭は自分で判断が難しいので、気にしてしまうひとと、無自覚にニオイをさせてしまっているひとがいて、悩みが深い問題ですよね。

厚生労働省も口臭を社会的な健康問題として取り扱っていて、口臭原因物質を測定して調査(1992年に2,672名の成人を対象)を行いました。

口臭原因物質とは細菌が食べかすなどのタンパク質を分解したときに発生する揮発性硫黄化合物(VSC)のことをさします。

まずは測定調査の結果を要約してみましょう。

  • 食事やうがいなどから時間が経過するとニオイがでてくる
  • 男女で差はない
  • 自分で口臭があると思ってることと、実際に口臭があるかは関係ない
  • 実際にきつい口臭を持つひとは6%〜23%

実際にデータを見てみると、100人に1〜2人がきつい口臭が実際に持っていて、 食事やうがいから時間がたった昼前がニオイがきつくなる時間なのだとか。

そして自分が口臭を持っていると思っている人と、実際に口臭のあるかは関係なかったという結果も。

大学病院に口臭の検査や治療をもとめて受診した人たちの中でも、3分の1が治療が必要な口臭ではなかったというデータもあります。

ニオイが気になっていても、もしかしたら心配のしすぎかもしれませんね。

もし気になるようでしたら、セルフチェックの方法がありますのでチェックしてみてくださいね(01.自分でできる!におい別チェック方法 へのリンク)

実際に口臭がある、とされたひとたちの原因も、大きく分けて3つのグループがあることがわかっています。

  • 食べかすや舌苔など、口の中が不潔になっている
  • 歯周病など口の中の病気
  • その他の病気

口臭の原因になる「口の中以外の病気」は様々ありますが、口臭のある人全体に占める割合はそれほど多くありません。

口臭の原因で多いのが、口の中が不潔になっていたり、歯周病など「口の中の環境悪化」。

歯周病などの病気はもちろん歯医者さんで治療することが大切ですが、正しい歯磨きで清潔にしたり、舌の上にある白い苔状に見える「舌苔」の対策は自分ですることができます。

舌苔(ぜったい)は舌の上に細菌や食べかすが残って白く見えてしまう状態で、口臭のやっかいな原因のひとつ。きれいなピンク色の清潔な舌を目指して対策していきましょう。

自分でできる口臭対策

口臭の原因がわかったところで「口の中の環境を良くする」にはどうしたらいいのでしょう。

口の中を清潔に、舌苔をなくしてきれいな舌になるために自分でできる対策を考えてみましょう。

  • 歯磨きはかかさない
  • マウスウォッシュを使う
  • 舌苔を専用ブラシで掃除してみる
  • 唾液を出して雑菌の増殖を抑える
  • ニオイの原因になるようなものは口にしない

食べかすが残っていると、雑菌が口臭原因物質を作ってしまうのでとにかく歯磨きは大切です。

10分くらい丁寧に磨くのが理想と言われていますが、とりきれない汚れは歯磨きのあとにマウスウォッシュを使って落とすといいでしょう。

舌に積もってしまった舌苔は専用の「舌ブラシ」でやさしく取り除いてあげるといいですね。

ただ、舌の表面はデリケートなので、傷つけないようにやさしく、頻繁にやりすぎないようにしましょう。

舌の表面を傷つけてしまうとそこが荒れて乾燥してしまい、雑菌が増えてニオイがひどくなってしまうこともあるんです。

雑菌は乾燥すると増える性質を持っているので、口の中が乾くのも口臭の原因のひとつ。

ストレスが溜まっていたり、緊張の強い性格だったりすると口が渇いてしまいがちになるので、リラックスする時間を持つこともじつは口臭対策に有効だったりします。

雑菌の繁殖を抑えて「口の中の環境を良くする」には、なにより口の中が乾かないこと、唾液がよく出ることが大切と言われています。

こんぶや飴、ガムなどを心がけてくちの中に入れて唾液を出す方法がもっとも手軽で口臭対策になるんです。

唾液と一緒に飲み込まれることで口の中の雑菌の量が減り、やがて白く舌苔になっていた雑菌も減り舌がきれいになります。口の中の環境が良くなっていくのが目で確認できますよ。

最後に、やはりニオイの原因になるようなニオイのきつい食べ物や、タバコやお酒は控えることも大切です。

せっかく対策しても、ニオイの原因を口から入れてしまっては意味がなくなってしまうので、食生活や習慣を見直すことも大切ですね。

口臭の正体は雑菌がつくりだす口臭原因物質で、それを発生させないために歯磨きと唾液をしっかり出すことが口臭対策のポイントなんですね。

いつも口のニオイを気にして暮らしていては、相手と近い距離で話せなかったり、恋愛や友達関係にも積極的になれなかったり、毎日が楽しくなくなってしまいます。

しっかり口臭対策して、楽しくさわやかに会話ができるようになりたいですね。


ページのトップへ