デリケートゾーンの臭い対策

> > デリケートゾーンの臭い対策はどうする?

デリケートゾーンの臭い対策はどうする?

お手洗いやお風呂で下着からツーンとしたニオイがして気になる、パートナーから「きついニオイがする・・・」と言われてショックを受けた、そんな経験ありませんか?

デリケートゾーンのニオイの悩み、相談できずに悩んでいる女性が多い問題なんです。

恥ずかしいな・・・不潔にしているのがいけないのかな・・・?と悩んで、香りでごまかしたり、成分の強いボディソープでごしごし洗ってしまったり、間違ったケアをしてしまっていませんか?

もしかしたらそのニオイ、体質のせいかもしれないんです。

正しい対策や、病院で治療することでニオイの悩みから解放されるかもしれませんよ。

すそわきがという体質

ワキガという言葉を聞いたことがあるひともいると思いますが、それのデリケートゾーン版が「すそわきが」です。

ワキガは、わきにあるニオイの原因物質を出すアポクリン腺から出た皮脂やアンモニアなどがニオイに変わってしまい、お酢やたまねぎのようなツーンとしたきついニオイになってしまう体質をいいます。

実はこのニオイの原因アポクリン腺はデリケートゾーンにもあるって知ってましたか?

アポクリン腺は毛穴にあるので、デリケートゾーンの毛の根元からニオイの原因物質を出してしまっているのです。

さらに、ニオイに生理の血液や尿やおりものなどが加わるとさらにきついニオイになっていってしまいます。

清潔にすることはもちろん大切ですが、体質が原因で清潔にしていてもニオイがしてしまうということを知っておきましょう。

すそわきがの対策法

まず、すそわきがかもしれない・・・と思ったひとは、ニオイを抑える対策をしてみましょう。

  • 清潔にする
  • デオドラント・サプリメントを使う
  • 食生活を見直す
  • 適度に運動する

清潔にする

やはり清潔にするのは何よりも大切です。

洗浄成分のきついボディソープなどは避けて、デリケートゾーン用の石鹸を使って洗いましょう。

手でやさしく洗い、ナイロンタオルなどで洗わないようにしてください。

>きつい洗浄成分やナイロンタオルなどを使うと肌が乾燥し、肌を守ろうとアポクリン腺が皮脂などのニオイ物質を余分に出すようになってしまいます。

あと、こまめに下着を替えて、お洗濯の後にはしっかり乾燥させて生乾きにしないのも清潔の秘訣。

生乾きの衣類に雑菌が繁殖するとニオイの原因になってしまいます。

湿気がこもってムレやすくなるとニオイが発生しがちなので、下着は通気性のよいあまり締め付けないものを選びましょう。

消臭効果のある下着も売っているので、替えてみるのもいいかもしれませんね。

デオドラント・サプリメントを使う

清潔にしたらデオドラントも取り入れてみましょう。

デリケートゾーン専用のウェットティッシュ(デオドラントシートとも呼ばれています)は持ち歩いて外出先で気になったときにさっと使えるので便利です。

デリケートな部分なので、服の外からデオドラントスプレーしてニオイを抑えるとさらにいいですね。

特に、銀イオン配合のデオドラントは雑菌の増殖を抑えて消臭効果が高いといわれているので、試してみると効果があるかもしれません。

ほかにも、ニオイを抑えるサプリメントも有効といわれていて、ホルモンバランスを整えてニオイの原因物質の分泌を抑えたり、消臭効果のある成分が配合されています。

体から香りが出るタイプの錠剤やタブレットも売られていますが、ニオイが混じってさらにきつくなってしまうので、香りの出る錠剤は避けたほうがいいでしょう。

食生活を改善する・適度に運動する

ニオイを抑えるには、ニオイの原因になるようなきついニオイの食べ物や、お酒やタバコは控える食生活が大切です。

あと、適度な運動で汗をかくと、ニオイの原因物質が代謝されニオイが減っていくんです。

これはワキガと共通の対策方法になるので、くわしくはワキガ対策の項目をチェックしてみましょう(02.ワキガ対策へのリンク)

ニオイに病気が隠れている場合も

急にニオイがきつくなった、おりものが増えたり色が変わったなど、体の異変がある場合、婦人科の病気の可能性があります。

子宮内膜症や膣炎などの病気だった場合、悪化すると取り返しのつかないことになる危険があります。

異変を感じたら恥ずかしがらずに婦人科のお医者さんに相談しましょう。

病院ですそわきがを治療する

すそわきがは病気ではなく体質ですが、生活やパートナーとの関係に支障がでる重要な問題なので、病院で治療が行われています。

手術や治療にもいろんな方法があるので、どんなものがあるか見てみましょう。

皮下組織削除法

皮膚を切り、皮膚裏側のアポクリン腺をお医者さんが目で確認しながら切り取っていく手術です。

ローラーを肌表面で転がして、同時にカミソリ状の器具で皮膚の裏のアポクリン腺を切り取ります。

アポクリン腺を目で見て取り除くので効果は高いと言われています。

手術後は1週間くらい患部を固定します。傷口は数センチほどの大きさになるため、腫れやつっぱった感じや、抜糸が終わるまで数週間程度入浴ができないという術後の管理が大変な手術です。

この後に触れますが、切らずに治療する方法を先に検討したほうがいいかもしれませんね。

超音波吸引法

超音波メスを5ミリほどの切り込みから入れて、熱でアポクリン腺を破壊した後吸い出す方法です。

切開するのはへそ下、陰毛が始まるあたりです。

皮下組織削除法に比べて傷が小さく済むのがメリットですが、目でみて取り除くわけではないのでアポクリン腺が取りきれないというデメリットが。

ビューホット法

細い針から出る高周波を当ててアポクリン腺を破壊する方法で、高い効果と治療後のダメージが少ない注目の治療法です。

治療したひとの95%に効果があった、治療の翌日からシャワーが浴びられるなど、メリットが多いとされているので検討してみたい治療法ですね。

電気凝固法

陰毛の毛穴に電気針を刺して電流を流し、アポクリン腺を焼却する治療法です。

治療した場所は毛が薄くなるというデメリットがありますが、治療のダメージが少なく、数度の治療で高い効果があるといわれています。

ワキガの場合は効果が薄いとされている治療法ですが、すそわきがには効果的な治療法です。

ボトックス治療

ボツリヌス菌由来の成分を注射して陰部の汗を抑え、すそわきがのニオイを抑える治療法です。

注射するだけなので治療のダメージは少ないですが、数ヶ月で効果が切れてしまうことと、重度のすそわきがの場合ニオイが抑えられないと言われています。

手術する方法もありますが、切らなくても治療できる方法が近年発達してきているんですね。

>ただ、手術や治療は保険が適応されることが少なく、費用が高くついてしまうことを覚悟しなくてはいけません。

できれば自分の工夫でニオイを抑えて、悩みを解決できればいいですね。


ページのトップへ